旅行/観光

スポンサーリンク
キャンベラ

キャンベラのおすすめ観光スポット「オーストラリア戦争記念館」の魅力

国会議事堂からバーリー・グリフィン湖を挟んだ反対側のアンザック・アヴェニューの北端に位置する「オーストラリア戦争記念館(Australian War Memorial)」は、オーストラリアが参戦した戦争の犠牲者のために設立された記念館です。
キャンベラ

キャンベラのおすすめ観光スポット「王立オーストラリア造幣局」

1966年の新オーストラリアドルの導入のため、1965年に英国のエジンバラ公によって開業した「王立オーストラリア造幣局(Royal Australian Mint)」は、オーストラリアの硬貨製造などを行う機関です。王立オーストラリア造幣局で
キャンベラ

「ナショナル・ポートレート・ギャラリー」の魅力やアクセス方法inキャンベラ

1856年に設立された「ナショナル・ポートレート・ギャラリー(National Portrait Gallery)」は、首相や政治家、著名なアーティスト、ミュージシャン、一般の人々の肖像などもアートとして展示されています。現在では、世界最大の肖像画コレクション数を誇っており、肖像作品を約1400点常時展示しています。写
キャンベラ

「オーストラリア国立図書館」の魅力やアクセス方法inキャンベラ

1960年に設立されギリシャローマ様式のた建物の「オーストラリア国立図書館(National Library of Australia)」は、オーストラリアの首都キャンベラにある国内最大規模の図書館で国内トップクラスの日本コレクションが収蔵
キャンベラ

世界一高額な建造物「国会議事堂」の魅力やアクセス方法inキャンベラ

キャンベラの中心地キャピタルヒルにある「国会議事堂(New Parliament House)」は、1988年当時、世界一高額な建造物として有名で、11億オーストラリアドル(現在の日本円にして約1033億円)もの莫大なお金を投入して建設され
キャンベラ

オーストラリア最大の美術館「オーストラリア国立美術館」の魅力やアクセス方法

「オーストラリア国立美術館(National Gallery of Australia)」は、オーストラリア首都圏のキャンベラのバーリー・グリフィン湖畔に位置し、1967年にオーストラリア政府が国民公共美術館として設立したオーストラリア最大の美術館で、11のギャラリーには、アジアや太平洋諸国の作品や欧米の作品、オースト
シドニー

ハンター・バレーのおすすめワイナリー「テンパスツー」

ハンターバレーで今最も勢いがあり伝統を守りつつ革新を続けている新進気鋭のワイナリーの一つがこちらの「テンパスツー(Tempus Two)」です。テンパスツーは、以前ご紹介したハンターバレーで最も有名なワイナリーの一つであるマクギガン社の社長
シドニー

ハンター・バレーのおすすめワイナリー「タラック・ワインズ」

今回ご紹介するハンターバレーのおすすめワイナリーは、ハンターバレーで120年以上続く老舗のワイナリー「タラック・ワインズ(Tulloch Wines)」です。1838年頃にスコットランドからオーストラリアに移住してきたタラック家が、1895年頃ハンターバレーのポーコルビン地区で設立したワイナリーで、その昔ながらのワイン
シドニー

ハンター・バレーのおすすめワイナリー「ハンガーフォード・ヒル」

「ハンガーフォード・ヒル(Hungerford Hill)」は、併設されているレストランもとても有名なシドニーハンター・バレーの人気ワイナリーの一つです。元々は教会として使われていた建物を利用しており、歴史を感じながらテイスティングや食事を堪能することができます。そして、ハンガーフォード・ヒルのテイスティングルームは、
シドニー

ハンター・バレーのおすすめワイナリー「オードリー・ウィルキンソン」

今回ご紹介するのは、1866年設立で150年以上もの歴史を持つハンターバレーで最初にできたワイナリーのうちのひとつ「オードリー・ウィルキンソン(Audrey Wilkinson)」です。こちらのオードリー・ウィルキンソンは、ポーコルビンとい
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました