【オーストラリア】世界遺産フレーザー島の観光案内[行き方・移動手段]

サンシャインコースト
サンシャインコースト旅行/観光
KAZUW
KAZUW

今回の記事は、オーストラリアの世界遺産「フレーザー島」の魅力や楽しみ方をまとめました。
この記事を読めば、まるっとフレーザー島の魅力がわかりますので観光の際はぜひ参考にしてください。

フレーザー島

フレーザー島

フレーザー島は、サンシャインコーストのヌーサから少し北にある、長さ123km、幅22kmという世界最大の砂島で世界遺産に登録されています。
また、高さ200m以上の熱帯雨林が砂の上に生育しているのは、世界でもここでしか見ることができません。
そのほかにも、島内には透明度抜群の淡水湖がいくつかあったり、砂浜のドライブやホエールウォッチング、イルカの餌付などたくさんのアクティビティが楽しめます。

アクセス

フレーザー島へのアクセスは2通りあり、1つはハービーベイまで飛行機か車で行き、リバーヘッズ港からバージまたはフェリーでフレーザー島に行きます。
もう1つは、インスキップポイントからバージに乗ってフレーザー島に行きます。

ハービーベイからフレーザー島

フェリー:Kingfisher Bay Ferry

バージ:Fraser Venture Barge

インスキップポイントからフレーザー島

バージ:Mantaray fraser island barge

フレーザー島の楽しみ方

クジラを間近で見よう!

クジラを間近で見よう!

オーストラリアでホエールウォッチングが楽しめるスポットとして有名なハービーベイは、ザトウクジラが子供クジラと一緒に泳いでいるところを高確率で見ることができます。
さらに、運が良ければクジラがボートに近づいてきたりします。
シーズンは、8月から10月下旬にかけてです。

野生動物の宝庫

野生動物の宝庫

フレーザー島には多種多様な野生生物が生息しています。
エミュー、カンガルー、ワラビー、カメ、などのほかに、ラクダもいたりします。

日没後は、レンジャーが案内してくれるナイトタイム・ウォークに参加するのがオススメです。
木から木へ自由に飛び移るフクロモモンガや、その他の野生の動物が木々の間を動き回る様子が観察できます。

大自然でブッシュウォーク

大自然でブッシュウォーク

パイルバレー熱帯雨林に一歩入ってみると、そこはまるでジャングルに迷い込んだと思うほど自然に満ち溢れた世界を体験できます。

そんな大自然でトレッキングを楽しみたい方は、8日間のグレートウォークがオススメです。
フレーザーコーストに立ち寄ったり、マッケンジー湖やワングールバ・クリークなどの人気スポットを通ったりしてとても楽しめます。

最高の透明度の湖水浴へ

フレーザー島には、透明度の高い100を超える淡水湖や池があります。
なかでも、世界一の透明度を誇る「マッケンジー湖」は、クリスタルウォーターと呼ばれる湖です。
そんな、フレーザー島の湖や池はすべて雨水でできており、もちろん泳ぐことが可能です。

75マイルビーチ

75マイルビーチ

「75マイルビーチ」は、ホワイトサンドが100km以上も続く美しいビーチです。
そんなビーチ沿いの美しい景色をみながら4WD車でドライブするのは最高のひと時です。
もちろん、ツアーもあるので現地スタッフに運転をお任せすることも可能です。

自分で4WD車を運転したい場合は、ハービー・ベイもしくは島内でレンタカーを借りましょう。
4WD車のレンタカーは、Aussie Trax がオススメです。
※国際免許必須

関連記事

タイトルとURLをコピーしました