【2022年版】簡単解説オーストラリアの観光ビザ申請方法[ETAS]

ビザ関連
ビザ関連
Aさん
Aさん

オーストラリアの観光ビザ申請方法がわからない人
「オーストラリアのビザの申請はどんな条件があるの?
サイトが英語表記で使い方がわからない、、、
オーストラリアのビザってどうやって申請するの?」

この記事では、こんな疑問に答えます。

KAZUW
KAZUW

この記事を書いている私は実際にオーストラリアのメルボルンで在住経験があり、実際に自分自身でビザの申請を全てしたので分かりやすく解説します。

観光ビザ(ETAS)とは?

VISA

ETASの正式名称は、Electronic Travel Authority (ETA)・(Subclass 601)で、ETA(イー・ティー・エー)です。

ちなみに、ETASとETAは全く同じで、ETAにSystemのSをつけてETAS(イータス)となりました。

観光ビザ(ETAS)のルール

滞在期間の規定

旅行またはビジネス目的のビジネスマンがオーストラリアへ行く前にオンライン上にて申請し、許可されると、許可された日から最長で12カ月間の間はオーストラリアへ自由に行く事が出来ます。

1度の滞在可能日数は、最長で3カ月間で、入国のたびに計算されます。
なので、出国すれば滞在可能日数はリセットされ、また再度入国した日から3カ月間の滞在が許可されるシステムです。

就学に関する規定

観光ビザ(ETAS)で最長3ヶ月間、語学学校に就学が可能です。

関連記事

就労に関する規定

オーストラリア滞在中の就労は禁止となってます。

ビザの申請条件

ビザの申請条件

ETASの有効期間は、ETASが許可された日から1年間有効です。
パスポートの有効期限が1年未満の場合は、パスポートの有効期限満了日までです。
ETASの種類は、短期商用ビザ“B (BUSINESS)”と観光ビザ“T (TOURIST)”」ですが、統計調査目的のみなので、観光/短期商用の区別なくどちらでもご利用いただけます。

  • 年齢
    年齢制限なし
  • 人物・健康
    過去に日本国内外で犯罪歴がないこと。健康であること。
  • 目的
    オーストラリアの渡航目的が以下にあてはまること。
    観光、会議、展示会、イベント出席、親族/友人訪問
  • 国籍
    日本国籍で、日本国政府発行のパスポートを所持していること。
  • 場所
    申請時、オーストラリアに居住・滞在していないこと。
  • 滞在
    滞在は、3ヶ月以内であること。
  • 就労
    オーストラリアで就労しないこと。
  • ビザ
    すでに、オーストラリアのビザ(ワーホリ、学生ビザ等)を所持していないこと。

申請に必要なもの

申請に必要なもの

パスポート

滞在予定期間中に有効期限が切れないものが良いです。
パスポート番号によってビザ情報は管理されているので、滞在期間中にパスポートを更新してしまうとオーストラリア移民局に変更内容を申告しなければいけません。

PCメールアドレス

オンライン申請の際に、Eメールを入力する必要がありますので、GmailなどのPCメールアドレスを作っておきましょう。

申請料

AUD20(2022年1月現在)
※支払はクレジットカード払いのみです。

まだ自身のクレジットカードを持っていない方はこの機会に作りましょう。
年会費のかからない楽天カードや海外旅行保険付帯のEPOSカードはオーストラリアでとても便利で重宝する最強カードです。

海外旅行傷害保険
・海外旅行時のケガや病気、携行品の盗難や破損などの損害も補償してくれる
・ご出発前のお届けやお手続きは一切不要
・世界38都市の現地デスクで、安心の日本語サポート
キャッシング
・エポスカードのATMなら1,000円から。ATM手数料無料。
・コンビニATMなら24時間ご利用可能。その他、駅・銀行のATMでも。
ご利用通知をメールで受け取る。
・エポスカードをご利用するたびに、メールでお知らせが受け取れる。

エポスカード

申請方法

観光ビザの申請は、Subclass601を申請します。
ETAS(イータス)申請はオーストラリア出発の3日前までに。

ETASビザの申請はアプリから行います。
申請の流れは、こちらのオーストラリア移民局のサイトをご確認ください。

ETASアプリはこちらから

Apple Store (Apple) 

Google Play store (Android).

ビザの申請手順

アプリ内の詳しい申請手順はこちらの記事を参考にしてみて下さい。

関連記事

注意事項

上記の申請手順参考にして申請して、結果として何か問題が生じてしまった際にも、当サイトは責任を負いかねますのでご理解ご了承ください。
ビザ申請をご自身で行う場合、最終的な判断はご自身の責任の範囲内で決定するようお願いします。

ビザ申請フォームは度々デザインや内容を変更することがあるので、申請前には必ずオフィシャルページでもご確認するようにして下さい。

ビザ取得までの期間

申請後、何も記入事項に問題がなければ約12時間以内に結果がわかります。
※2022年1月現在

入力間違いや、その他不具合があって再申請などが必要になる可能性もありますので、なるべく時間に余裕を持って申請するようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました